2020年度入試の変更点

2020年度入試において以下のとおり変更します。

  • ※今後、さらに変更点が出る場合は随時こちらのページでお知らせいたします。

美術学部

募集人員

  • 以下のとおり美術学部の募集人員を変更します。

    学科 一般入試 推薦入試
    一般方式 センター
    Ⅰ方式
    センター
    Ⅱ方式
    日本画 25 10 → 5 若干名 → 5 35
    油画 70 50 10 130
    版画 15 5 10 30
    彫刻 12 12 6 30
    工芸 30 10 20 60
    グラフィックデザイン 98 68 18 184
    プロダクトデザイン 30 → 25 20 → 15 4 12 → 18 62
    テキスタイルデザイン 22 12 8 42
    環境デザイン 35 15 15 15 80
    メディア芸術 30 11 20 61
    情報デザイン 30 → 28 12 → 16 12 7 → 5 61
    芸術 18 → 13 8 9 → 14 5 40
    統合デザイン 65 25 18 12 120
    演劇舞踊 18 12 20 50
    劇場美術デザイン 9 4 4 13 30
    507 → 495 274 → 268 58 → 67 176 → 185 1015

一般入学試験

  • プロダクトデザイン専攻において、センターⅡ方式を導入します。
    募集人員は4名です。
    教科・科目と配点は下記のとおりとします。
    教科 科目 必須・選択等 配点
    国語 「国語(※1欄外参照)」 必須 100点
    数学

    「数学Ⅰ・数学A」

    必須 100点
    外国語 「英語(※2欄外参照)」 必須 100点
    地理
    歴史
    「世界史A」、「世界史B」、「日本史A」、「日本史B」、 「地理A」、「地理B」 1教科1科目選択 100点
    公民 「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、「倫理、政治・経済」
    理科

     

    「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」、から選択した二つ(本学一般入学試験[センターⅡ方式]ではこれを理科の1科目として扱います)、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」
    • ※1 国語は、①近代以降の文章 ②近代以降の文章+古文 ③近代以降の文章+古文+漢文 をいずれも100点満点に換算し、最も高い得点を評価。
    • ※2 英語は ①筆記のみ ②筆記+リスニング をいずれも100点満点に換算し、高い方の 得点を評価。
  • 情報デザイン学科情報デザインコースのセンターⅠ方式において、専門試験「鉛筆デッサン」(100点)「視覚表現」(100点)を「鉛筆デッサン」(200点)に変更します。

推薦入学試験

  • テキスタイルデザイン専攻の試験科目の選択A「小論文」「鉛筆デッサン」「面接」、選択B「小論文」「色彩構成」「面接」を選択A「小論文」「デッサン・色彩表現」「面接」、選択B「構想表現」「プレゼンテーション面接」に変更します。そのうち、選択 Aの「小論文」および選択Bの「構想表現」は、日本語または英語のいずれかで解答が可能とします。
  • 統合デザイン学科において、試験科目をこれまでの「外部英語試験の結果」、「小論文(問題解決型)」、「面接」を「ポートフォリオ」(PDF形式のデータにより事前提出)、「企画・構想」、「プレゼンテーション面接」に変更します。

特別入学試験(外国人留学生入学試験・帰国生入学試験)

  • 絵画学科日本画専攻において、専門試験「水彩」を「水彩『人物』」に変更します。

特別入学試験(外国人留学生試験・帰国生入学試験・3年次編入学試験)

  • グラフィックデザイン学科において、1次選考を行います。
    1日目(12/20(金)20:30~)の「小論文」「鉛筆デッサン」により本学サイトで1次合格者を発表し、2次選考として12/21(土)の「面接」を行います。

大学院美術研究科

博士前期課程(修士課程)

  • これまでのAB日程での実施から、1月下旬(2019年度までにおけるB日程)のみに全専攻全研究領域が試験を実施します。
  • 絵画専攻日本画研究領域においてこれまでの1日を2日間の実施とし、新たに「鉛筆デッサン『人物』」を課します
  • 大学院デザイン専攻プロダクトデザイン研究領域でこれまでの1日を2日間での実施とします。
  • 「小論文」試験の記述において「芸術学専攻」「演劇舞踊専攻」以外の専攻・研究領域は日本語または英語いずれかを選択できます。

外国籍者の出願資格としての「各種日本語試験」について

2021年度以降の多摩美術大学入学者選抜について(予告)