美術学部 推薦入学試験コンセプト

絵画学科日本画専攻

学科・専攻の特色

 日本の豊かな風土と文化に培われ、独自の美意識を育んできた日本画。同時に、それは伝統の継承にとどまらず、新たな表現の地平を切り開く奥深さも備えています。とくに本学の日本画専攻は、建学以来現在まで自由な発想をもち、自ら新しく芸術を切り開く意力に満ちた気風があり、これまでに一線で活躍する作家を多く輩出してきました。現在でも多様で豊かな個性をもった卒業生が、日本画の領域にとどまらずさまざまな分野で存在感を示しています。

推薦入学試験選抜方針

 今までの入学制度では選抜できなかった、自由と意力に満ち創造力豊かな人材を発掘するため、新たに自己推薦による入学試験を設けます。多様な個性、豊かな感性を求めます。絵画と本気で向き合う人を望んでいます。
 推薦入学試験では、実技試験「水彩『人物』」「面接」と提出の「作品」「ポートフォリオ」によって総合的に審査します。とくに提出してもらう「作品」では、技術力のみならず、自らの個性が息づいているような絵画作品を求めます。「ポートフォリオ」では、普段の創作活動がわかるように作品の写真または現物、画歴等をファイルしてください。

高等学校等で学習・経験しておいてほしいこと

 個性的で自由闊達な創造性を育てるためにも、作品制作を通して基礎的な絵画力、デッサン力を身につけてほしいと思います。
 その他、さまざまな美術に触れ、いろいろなものに感動できる新鮮な感性を育ててください。