美術学部 推薦入学試験コンセプト

演劇舞踊デザイン学科

学科・専攻の特色

 演劇舞踊デザイン学科は次代の演劇舞踊文化、劇場文化を創造するプロフェッショナルな俳優、ダンサー、演出家、コレオグラファー、劇作家、舞台美術家、舞台照明プランナー、舞台衣裳デザイナーなどを育成することをめざしています。本学科には「演劇舞踊コース」と「劇場美術デザインコース」があり、それぞれが専門性を高めながら3年次以降は両コースが連携して実践的な「上演制作実習」を行い、その体験を積み重ねて「卒業制作」でスキルを集大成します。
 「実践/専門スキル」では各分野の第一線で活躍する教員が実践的な身体表現のメソッドやスタッフワークの技術を指導するとともに、ゲネプロ見学やバックステージツアーを組み合わせた観劇、ドラマや映画の制作現場の見学やスタッフワークの体験など制作現場の実践的な理解と体感を高めるカリキュラムを提供します。「講義/理論」ではスキルの習得に連動した演劇、舞踊、劇場美術の理論と歴史を体系的に学ぶことができます。

推薦入学試験選抜方針

 推薦入学試験では、プロフェッショナルな演劇人、ダンサーを育成するという演劇舞踊デザイン学科の教育方針に賛同し、新しい舞台芸術を創造する意欲と個性にあふれた人を求めます。
 「演劇舞踊コース」では、将来、プロとして自立できる身体表現能力の素地があるかどうかを重視します。実技試験「身体表現」で、身体を意識して動かせているか、音楽やリズムを体で感じて踊れるか、即興的な表現力があるか、共演者との関係性を柔軟に作れるか、舞台を動き回っても声量が保てるかを見ます。また「小論文」「面接」で、演劇舞踊に対する興味と関心、舞台芸術への理解や熱意などを見ます。
 「劇場美術デザインコース」では、コミュニケーション能力に優れたリーダーシップを発揮できる人を求めます。独自の美術表現や活動によって生み出された作品の提示とともに、自分の言葉でデザインコンセプトを伝えられるかが重要です。事前に提出してもらう「ポートフォリオ」「書類」の内容は、時間をかけて審査します。「面接」では、提出「作品」のデザインコンセプトの説明もしてもらいます。また実技試験「鉛筆デッサン」では、デッサン力に秀でた人を評価します。ユニークな発想や表現力をもっている人のチャレンジを望みます。

高等学校等で学習・経験しておいてほしいこと

 「演劇舞踊コース」「劇場美術デザインコース」どちらを志望するとしても、演劇舞踊の公演、美術展、音楽会、映画館に積極的に足を運んでさまざまな表現に触れ、感性を豊かにしておくことが重要です。脚本を読み解き、自分の考えを他者に伝える日本語の力を身につけることも必要です。そのためには「国語」に力を入れ、読書を心がけてください。また演劇は集団創造の芸術ですから、高等学校等の校内外で他者とコミュニケーションをとりながら活動した体験や、そこで獲得した知識は、入学後も上演制作で大いに助けとなります。クラブ活動、生徒会、ボランティア活動などには積極的に関わってください。さらに「劇場美術デザインコース」志望の人は、積極的な作品制作を通して自己表現力を身につけてください。脚本を読み、演出家と打ち合わせを重ね、多くのスタッフに美術イメージを伝える、文章と言葉から造形を紡いでいくことがデザイナーの重要な役割です。具体的には、アイデアをイメージスケッチや模型製作という形で表して、コミュニケーションをとり仕事を進めるためにも、デッサン力と造形力を磨くことが必要です。