工芸学科

専門教育科目

1年次

陶、ガラス、金属の3つの素材の基本的な知識と技法を修得。

実技・演習

工芸制作研究Ⅰ
1年次は3プログラム(陶・ガラス・金属)すべてを実習し、2年次進級の際にプログラム選択を行う。
① 【陶】 積む・焼く/ロクロ
② 【陶】 視覚以外/型/100kg
③ 【ガラス】 ホットワーク/サンドキャスト/サンドブラスト
④ 【ガラス】 接着研磨/ガラス版画
⑤ 【金属】 メタルメッシュ加工/鍛造/鋳造
⑥ 【金属】 カービング/すり出しリング/金属薄板加工
⑦ 【デザイン課題】
⑧ 【造形表現Ⅰ】
基礎的な素材の扱いを経験しながら、基本的な制作プロセスを学ぶとともに、各素材の特長や可能性を探る。

講義

工芸造形論Ⅰ

2年次

基礎を固めながら、自らの関心に応じたテーマの発見をめざす。

実技・演習

工芸制作研究Ⅱ
課題テーマの実現に向けた実習を通じて、陶素材の特性を探り、技術を修得。
質感/粘土ピースを基にした制作/描く→立体/型/ロクロ/造形表現/デザイン課題
ガラス ガラス技法の技術修得を通じて、素材の持つ特性と自己表現の関わりを考察。
フラットワーク/ホットワーク/キルンワーク/コールドワーク/デザイン/造形表現/デザイン課題
金 属 より高度な金属素材の加工法および表現技法・技術を修得。
鉄鍛造/道具づくり/鉄の溶接/回転絞り/箱物/機械加工/レリーフ/造形表現/デザイン課題

講義

工芸造形論Ⅱ(陶・ガラス・金属)

3年次

自らのテーマをさらに専門的に深め、個性的な表現をめざす。

実技・演習

工芸制作研究Ⅲ
生活・社会との関わりをテーマに定め、実社会で有効なデザイン活動を視野に入れた
プランニング・伝達・制作を学ぶ。
「容器」 「触」 「用」 「場所」
ガラス 自己表現、自己能力の発見・開発を中心とし、自己に適した素材や技法を探りながら技術を修得。
ガラスデザイン/自己発見/自由制作
金 属 表現の独自性や素材、異文化との比較など総合的な研究から自己の作品表現を探る。
鍛金クラス:変形絞り/TIG溶接を利用した自由表現/自由制作Ⅰ・Ⅱ
彫金クラス:変形絞り/ 彫金技法Ⅰ・Ⅱ/ジュエリー技法Ⅰ・Ⅱ

講義

工芸造形論Ⅲ(陶・ガラス・金属)

4年次

4年間の集大成として、制作理論と実技の統合をめざす。

実技・演習

工芸制作研究Ⅳ
前期課題Ⅰ・Ⅱ
各自でテーマを設定し、作品制作。
ガラス 前期課題
各自でテーマを設定し、作品制作。
金 属 前期課題
各自でテーマを設定し、作品制作。

卒業制作

講義

工芸造形論Ⅳ(陶・ガラス・金属)