工芸学科

「陶、ガラス、金属」独自の性質と美しさ。
素材を活かして、工芸の世界を広げる。

「陶、ガラス、金属」は、いずれも文明の黎明期に発見され、今日にいたるまで人々を魅了し続ける独自の性質と美しさを持つ素材です。そして人類は、手と道具を使いこなして多くの技法を開発し、これらの素材から無数のモノをつくり出してきました。素材加工と表現技法の修得から生まれる「モノをつくる力」と「モノで表現する力」。それは普遍的な力であり、ジャンルを超えた造形力の源となります。工芸学科は、時代ごとに様相を変える工芸を、理論と技法から探求する教育を通して、自由な発想で工芸の世界を広げる創造性豊かな人材を育成します。

教育内容&課程

1・2年次の基礎課程のうち、1年次は、陶、ガラス、金属の基礎的な素材の扱いと制作の基本プロセスを学び、造形力を養います。2年次からは3つのプログラムのうちの一つを選択し、加工技術、道具の使い方、機械の操作方法などの基礎を修得します。3・4年次の専門課程では、より高度な技術を修得しながら、工芸の世界を広げる自由な発想による造形力や表現力を磨きます。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 1年次

    陶、ガラス、金属の3つのプログラムをすべて体験し、課題制作を通して基本的な知識と技法を修得します。

  • 2年次

    陶、ガラス、金属の3つのプログラムのいずれかを選択し、基礎を固めながら、自らの関心に応じたテーマの発見をめざします。3つのプログラムの学ぶ内容は異なりますが、いずれも2年次を一番重要な時期と位置づけ、多くの課題に取り組みます。

  • 3年次

    各素材の専門的な加工技術や技法を修得しながら、自らのテーマをさらに専門的に深め、個性的な表現をめざしていきます。同時に、作品を社会に向けて発信した際、理解と共感を得られるようにプレゼンテーションする力も鍛えます。

  • 4年次

    自らのテーマに基づいて制作理論と実技の統合をめざすとともに、4年間の集大成として、卒業制作に取り組みます。

各プログラムの特色

陶プログラム

従来の陶芸の枠をさらに掘り下げた観点から「陶でつくる力」「陶で表現する力」を鍛えていきます。

ガラスプログラム

小型溶鉱炉の発達により、個人でも扱えるようになったガラスは、新たな造形の可能性を広げる素材です。ガラスの多様な特性や質感を活かし、新しい発想で表現する力を鍛えます。

金属プログラム

金属はその特性から、正確かつ自由な造形が可能です。その特性と基本的な加工技術を理解した上で、日本独自の伝統技法や表面処理法も学びます。また、鍛金、彫金、自由制作を通して、金属を自在に加工し表現する力を鍛えます。