統合デザイン学科

“Integrated Desigh”という考え方。
気づき、そして具現化する力が未来を豊かにする。

統合デザイン学科は、コミュニケーションやプロダクトに限らず、そのほかの諸領域を含めて横断的に学ぶための新たなデザイン教育の場です。社会や産業を構成する様々な問題や複雑な要素を生活の営みから感覚的に嗅ぎ分け、それを論理、分析し、視覚化して伝える力と、モノとして具体化し実在させる能力に長けたデザイナーを育成します。学生は様々なデザイン領域の課題を通じて統合的な思考力とスキルを学び、デザイン全体を「プロジェクト」として実行します。

教育内容&課程

1・2年次の基礎課程では、グラフィック、プロダクト、インターフェースといった3つのデザイン分野を中心とした基礎を学びます。様々な作品制作を通じて造形原理の理解や問題を発見し解決するための思考力、着想を具体化するスキルの修得を行います。3・4年次の専門課程では、すべての領域をつながった一つのデザインと捉え、各教員が社会に即したテーマをゼミ形式で行う「プロジェクト」を通じて統合的なデザインを実践します。さらに組み合わせを選択できるデザイン演習により、個々に必要とするスキルをより深く学んでいきます。

  • 1年次

    色彩や形態、構成といった造形の基礎、更に動作や時間、視覚以外の知覚がもたらすビジュアル・コミュニケーションや構造や機構を伴った立体構成の知識とその制作スキル、「情報」という直接は目に見えないものについての扱い方について課題制作を通じて学んでいきます。平行して、デッサンやドローイングなどの描写や立体造形の制作も行い、骨太な表現力を身に着けます。

  • 2年次

    日常の気付きや問題の提起に対し、表現メディア、媒体、物体や環境あるいはその組み合わせのうち相応しい表現方法を選択しながら、適正なデザインへ導くためプロセスを理解します。そのために、タイポグラフィー、ダイアグラム、写真、造形技法、インタラクション、Webといった演習を通じ、アイデアを具体化するさまざまなスキルを修得します。描写や立体造形はここでも引き続き行い、更に高度な表現力を養います。

  • 3年次

    社会的な問題や生活から導きだされる焦点(Issue)から解決策や調和を生み出す仕組みを構築します。そこに必要なモノ、環境、コミュニケーションなどの統合された全体をデザインすることを「プロジェクト」と呼び、担当教員ごとにゼミ形式で行う授業を通じて遂行します。そこでは教員固有の専門性を活かしたクロスレビューも実施します。更に幾つかの科目から自由に組合せを選択できる「デザイン演習」を通じてより専門性を深めていきます。

  • 4年次

    3年次に引き続き「プロジェクト」「デザイン演習」を行い、4年間の集大成となる卒業制作に取り組みます。