絵画学科日本画専攻

専門教育科目

1年次

素材力の育成を行い、日本画の絵画、素材、用具の基礎を学ぶ。

実技・演習

課題実技Ⅰ
① 基礎デッサン 植物デッサン 制作
② 動物デッサン 制作
③ 人物デッサン 制作
④ 風景デッサン 制作
⑤ 山中湖ゼミナール研修
日本画実技Ⅰ
日本画絵の具・素材・材料の講座
後期の年1回、担当教員によるコンクール形式の講評会を行う。
材料基礎学Ⅰ
絹本実習/箔実習/技法講座(テンペラ・銅版画・下地研究・映像・樹脂・陶芸・パフォーマンスの講座から選択)等
日本画特論Ⅰ

2年次

課題を通じて、表現、創造を自由に駆使する基礎を身につける。

実技・演習

課題実技Ⅱ
① 花鳥画
② 人物デッサン
③ 風景制作
④ 自由制作
日本画実技Ⅱ
前期・後期の年2回、担当教員によるコンクール形式の講評会を行う。
材料基礎学Ⅱ
表具実習/絵の具実習/模写実習
日本画特論Ⅱ
特別演習

3年次

感性の表現力をつけると同時に、幅広い知的応用能力を養う。

実技・演習

課題実技Ⅲ
自由制作
日本画実技Ⅲ
前期・後期の年2回、担当教員によるコンクール形式の講評会を行う。
日本画特論Ⅲ
ゼミ
和紙ゼミ/材料研修/模写見学ゼミ/絵の具・墨の製造工場/二条城模写室見学(京都、奈良)
特別演習

4年次

主体性・自主性を持って創作し、現代技術・創造精神を形成する。

実技・演習

課題実技Ⅳ
自由制作
日本画実技Ⅳ
前期・後期の年2回、担当教員によるコンクール形式の講評会を行う。
特別演習

卒業制作