絵画学科日本画専攻

日本美術の土壌から新たな創造性を広げる。

この豊かな風土と文化に培われ、独自の美意識を育んできた日本画。日本画の大きな魅力は、自然の素材や技法を自在に使いこなすことによって生まれる表現の豊かさにあります。同時に、伝統の継承にとどまらず、新たな表現の地平を切り拓く奥深さも備えています。その意味で、日本画の世界は古くて新しい未知の可能性を秘めた領域です。日本画専攻は、伝統的な素材の理解と基礎的な技法の修得を基本に、個性的で自由闊達な創造性を伸ばすことによって、日本の美術の土壌を豊かに広げる人材を育成します。

教育内容&課程

1・2年次の基礎課程では日本画の絵画、素材、用具の基礎知識を学び、デッサン、模写などの課題を通して、表現、創造を自由に駆使するための基礎技法を修得します。また、伝統の技法を現代の新たな技法へと展開する表現力も鍛えます。3・4年次の専門課程では、主体的にテーマを選び、教員との徹底的な対話の中から、独自の表現方法を探求し、創造力を高めます。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 1年次

    岩絵具、顔料、膠、胡粉など日本画ならではの伝統素材を中心に、その知識、技法、用具の使い方などを修得します。また、人物、植物、風景などをテーマとして数多くのデッサンを行い、観察力、描写力、表現力、構成力を鍛えます。

  • 2年次

    表具、絵具、模写などの実習を通して、引き続き日本画の素材や用具を使いこなす専門的な力を伸ばすとともに、自由で個性的な独自の世界を創造するための表現力も磨いていきます。

  • 3年次

    課題を自らが設定し制作することによって、日本画についての専門性をさらに深め、独自の創作スタイルにも挑戦します。また、学生自らが中心となって研修旅行などを企画・実施し、日本画材料や伝統文化への理解を深めます。

  • 4年次

    4年間の集大成として、独自の個性豊かな作風を追究した卒業制作に取り組みます。