絵画学科版画専攻

専門教育科目

1年次

4年間の学びを支える
足腰を鍛える平面、立体、映像、社会など多様なアプローチによる基礎

実技・演習

基礎実技Ⅰ
下の4つの課題を通じて、自分の潜在的な可能性を探りながら、造形表現力、発想力、プラニング力、批評力など4年間の学びに必要な基礎的な力を鍛えます。
● 描画ドローイング課題 ● 立体・空間課題 ● 写真・映像課題 
● 社会・コミュニケーション課題 ● 批評/鑑賞課題
版画実技Ⅰ:版画体験基礎
2年次以降の専門的な版画研究の準備段階として版画の特質を体験的に学びます。
● 木版画基礎 ● 銅版画基礎 ● リトグラフ基礎 ● シルクスクリーン基礎

2年次

1年次で得た問題意識を実験的に展開する
4つの版種を学び、表現の方向性を探る

実技・演習

版画実技Ⅱ:版画基礎
各自の問題意識に沿って自由に4つの版種を履修選択します。それと共に写真とデジタルの新しい版画の基礎も学んでいきます。
● 木版画基礎 ● 銅版画基礎 ● リトグラフ基礎 ● シルクスクリーン基礎 
● 写真基礎 ● DTP /デジタルプリンティング基礎
基礎実技Ⅱ:芸術表現研究
多様な芸術表現を学び、テーマ設定、方法の組み立てを学びながら、版画への新しい展開を考えていきます。
● ドローイング表現研究 ● ミクストメディア、インスタレーション研究

3年次

自分の表現を展開する
アートとデザインを横断的に学びながら、芸術表現の今日的な可能性を探る

実技・演習

版画実技Ⅲ
木版画工房 4つの工房から1つを選択し各自の研究計画に従いながら専門的な研究を深めます。各自の問題意識によっては複数の工房を履修し横断的な研究を行うことも可能です。(4年次に版画集を企画制作)
銅版画工房
リトグラフ工房
シルクスクリーン・
写真工房
自由実技Ⅰ:ブックアート研究
多様な本による表現研究、ブック企画
自由実技Ⅱ:デザイン研究
印刷・グラフィックデザイン研究、アートグッズ企画

講義

版画メディア論
ゲスト(アーティスト、批評家、学芸員など)による講義・ワークショップを通じて、版画の歴史およびその特質と可能性について学びます。

4年次

4年間の集大成を作り上げる
自分の位置を知り、社会に発信する

実技・演習

版画実技Ⅳ
木版画工房
銅版画工房
リトグラフ工房
シルクスクリーン・写真工房
自由実技Ⅲ:アート&デザイン研究
3年次で学んだアートとデザインの横断的な研究をさらに深め、卒業後の活動を具体的に考えていきます。

卒業制作