絵画学科版画専攻

アートとデザインを横断する多種多様な版画表現を学び、これまでにない新しい表現を生み出す。

今日の情報化社会を支えるのは情報を複製し、配信する技術であり、かつてそれを切り拓いてきたのは版画でした。この技術の出現は人々の生活を根本的に変えてしまったと言えるでしょう。西洋の印刷術から始まる銅版画やリトグラフ、浮世絵で知られる木版画など、版画は東西に長い歴史を持ち、複製技術時代の芸術表現として展開してきたのです。そして今日おいてはデジタル化によって写真やCGも版画の一つとして捉えられ、その一方で版画とデザインの歴史的な関わりが見直されてきました。このような版画の多種多様な可能性を探求することを通じて、アートとデザインを横断しながら、独自の視点で思考できる人の育成を目指しています。

教育内容&課程

1・2年次では、絵画、彫刻、現代アートなどの多様な芸術表現に関わりながら、様々な版画の技法、構造を学んでいきます。それによって広範な美術における版画表現の可能性を考えながら、独自の表現を模索していきます。3年次ではさらなる専門的な技術、知識を修得しながら、アートとデザインの垣根を越えて各自の表現テーマを発見し、展開させていきます。4年次で美術史、あるいは社会的、文化的な文脈を見据えながら4年間の集大成を作り上げていきます。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 1年次

    4つの版種(木版、銅版、リトグラフ、シルクスクリーン)の基礎を通じて版画の特質を体験的に理解する一方、基礎実技において幅広い造形表現を学び、広い視野と4年間の学びに必要な基礎力を身につけます。そして、それまで気がつかなかった自分の潜在的な可能性に出会いながら、独自の表現を模索していきます。

  • 2年次

    4つの版種の様々な技法を学びながら、各自の表現を実験的に展開させます。また写真(暗室、デジタル)基礎、デジタルプリント基礎において美術における写真表現や、デジタル時代における版画の可能性も学んでいきます。

  • 3年次

    木版画、銅版画、リトグラフ、シルクスクリーン・写真工房の中から工房を1つを選択し、専門技術を修得しながら、今日的な版画の多様性を学ぶことを通じて各自の表現テーマを発見し、それを深めていきます。また、絵本などのブックアートやデザイン表現を研究することで、各自の表現をどのように社会に展開させるか実験的に探っていきます。

  • 4年次

    技術的な完成度を高めながら、3年次で見出したテーマをさらに深め、4年間の集大成としての卒業制作に取り組みます。同時に学生主体で展覧会を企画運営するプログラムや、アートとデザインの横断的な学びをさらに発展させる選択授業を通じて、卒業後の各自の進路に備えていきます。