演劇舞踊デザイン学科

表現力と造形力を追究し、真の“舞台人”を輩出する。

演劇舞踊デザイン学科は、舞台上演を支える感性豊かな身体の表現者、また創意豊かな劇場空間を演出するデザイナーの育成を目的とした学科です。舞台における役割とその専門性から「演劇舞踊コース」と「劇場美術デザインコース」の2つのコースを設け、各コースが専門性を高め、交差し合いながら舞台上演を学びます。美意識ある俳優、舞踊家、演出家、劇作家、舞台美術家等を将来像とし、一線のプロとして活躍する教員が、現場性を持って、これからの舞台芸術を担うプロフェッショナルな人材を育成します。

教育内容&課程

演劇舞踊コース

1・2年次は演劇と舞踊の集中的なトレーニングを通して、基礎的な身体表現のスキルを修得します。また、美大ならではの造形教育によって身体で表現するための発想力を高めます。3年次からは、演劇と舞踊のどちらかを選択し、実演者としての覚悟と豊かな表現力を身につけます。

劇場美術デザインコース

1・2年次は描写や色彩構成などの基礎的な造形力と空間デザインに必要な基礎スキルを修得します。また、舞台やドラマなどの制作現場の見学から実践的な理解と体感を高めます。3年次からは、ゼミ形式で舞台・映像美術、照明、衣裳を中心に総合的な演習を行います。

  • 1年次

    演劇舞踊コース

    身体にまつわる基礎的な表現を開発します。演劇と舞踊のさまざまなメソッドを学びながら、個人のなかに潜在している表現を探っていきます。徹底して自己と向き合うことで「なぜ自分は演劇や舞踊を志すのか」という深い動機を形成していきます。

    劇場美術デザインコース

    デザインするために必要な、基礎演習・技術演習・理論演習によってカリキュラムを構成しています。観劇とバックステージツアー、制作現場とスタジオ機構見学など、学外授業の充実により現場の臨場感を体感します。

  • 2年次

    演劇舞踊コース

    1年次に形成した表現の動機を踏まえ、「演劇」はテキストを使用した短めの場面の制作、「舞踊」ではショートプログラムの制作など、さまざまな形で表現を具体化し、個々のクオリティーを検証していきます。

    劇場美術デザインコース

    劇場美術・映像美術・照明・衣裳スタッフワークの専門的な知識とスキルを総合的に修得します。講義やワークショップのほか、デザインプロセスに沿って課題制作を行い、発想・創造の具現化を演習します。

  • 3年次

    演劇舞踊コース

    3年次は、「演劇」と「舞踊」に分化し、それぞれが専門的に学びます。ここで、1・2年次で模索した表現の動機の重要さが明らかになり、「演劇」と「舞踊」の選択に至った確かな根拠を前提とした、よりレベルの高い身体表現演習が行われます。また「上演制作実習」というかたちで劇場美術デザインコースとのコラボレーションによる発表もあり、本格的な実践への第一歩となります。

    劇場美術デザインコース

    各専門分野において能力を高め、応用力を身につけます。企画・提案を行い、ブレインストーミングを重ね、作品発表を行います。「上演制作演習」では、演劇舞踊コースと連携して実践的な上演実習を行います。

  • 4年次

    演劇舞踊コース

    3年次における「演劇表現演習」「舞踊表現演習」を踏まえて、さらにパフォーマーとしてレベルの高い表現を修得します。「上演制作実習」では、3年次の段階を越え、作品としてのクオリティーを追求します。卒業制作は劇場美術デザインコースとの合同で、成果を学外に問い得る公演をめざします。

    劇場美術デザインコース

    「上演制作演習」や体験型授業の積み重ねにより、プロフェッショナルな表現方法を修得します。卒業制作は演劇舞踊コースとの合同で、すべての制作スタッフを学生が担当し、成果を学外に問い得る公演をめざします。