生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻

専門教育科目

1年次

基本的な造形要素に加え、繊維素材の扱いとテキスタイルデザインの基礎を学ぶ。

実技・演習

ベーシックテキスタイルⅠ
ドローイング
カラーコンポジション
素材・技術と造形表現の基礎を学ぶ。

ベーシックコンピュータTD

講義

テキスタイル入門/繊維材料学

2年次

目的や機能を踏まえ、コンセプトにもとづくデザイン・表現方法・素材・技術を修得。

実技・演習

ベーシックテキスタイルⅡ
素材・技術を学び表現力を伸ばす。
テキスタイルⅠ
テキスタイルの特質について学び、素材・技術と造形表現を身につける。
【授業選択方法】
スタジオ1~3の中から一つを選択する。
原則として3・4年次も2年後期と同じスタジオを選択する。
STUDIO 1 空間
STUDIO 2 身体
STUDIO 3 表現

テキスタイルプレゼンテーションⅠ

講義

テキスタイル英語

3年次

専門領域を決定。デザイン力と思考力を養い、独創的な世界を表現する力を磨く。

実技・演習

テキスタイルⅡ
専門課題に取り組み、思考力と応用力を伸ばす。
【TL】 「織」または「染」の中から一つを選択。
織:伝統的な織技法やデジタルテクノロジーを駆使した織技術を修得。
染:各種防染技法、刺繍、箔等、様々な技術を修得。
STUDIO 1

「空間」に関わるテキスタイルに取り組み、インテリアテキスタイルの特性を生かしたプロダクト製品製作の分野で活躍するデザイナーを育成。

STUDIO 2

「身体」に関わるテキスタイルに取り組み、アパレル、舞台衣裳、スポーツウェア、ユニバーサルデザインなどの分野で活躍するテキスタイルデザイナーを育成。

STUDIO 3

「表現」としてのテキスタイル制作に取り組み、アーティスト、テキスタイルクリエイター、染織作家、教員、研究者を育成。

テキスタイルプレゼンテーションⅡ

講義

布構造のデザイン/ テキスタイルデザインマネージメント/テキスタイル英語/テキスタイルプロダクト論

4年次

テーマを設定し、計画を立てた上で表現方法・素材・技術を選択し、卒業制作。

実技・演習

テキスタイルⅢ
各々のテーマにもとづき計画的に積み重ねた思考の成果として、織・染・その他の技法を駆使して制作する。
STUDIO 1
STUDIO 2
STUDIO 3

卒業制作

  • ※講義は、その他共通教育科目「服飾文化論-1・2」「染織史-1・2」「環境・文化運動論-1・2」「染織文化研究ゼミ」を含む。