生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻

未来をつくるテキスタイル。 ― 手とテクノロジー ―

テキスタイルは、太古から人の手によりつくられてきた人類共通の営み。世界中のあらゆる民族が、風土に根ざしたテキスタイル文化を創出しています。そして、いまや身近な衣生活や住空間にとどまらず、車両内装・産業資材、医療素材から宇宙開発素材など、その可能性は広がり続けています。特に日本は、「伝統的な手わざによる染織文化」と「先端的なテキスタイルテクノロジー」が共存する世界でも希有な国の一つです。その日本から世界へ、テキスタイルデザイン専攻は、繊維に関わるデザイン活動・芸術表現を行う優れた人材を育成します。

教育内容&課程

素材の成り立ちとその扱い、技術・造形表現の修得を土台に、布の物理的な機能や文様の装飾的役割、色彩の力などに注目し、染織技法の修得からデジタルテクノロジーを駆使した表現までを網羅します。社会におけるテキスタイルの役割を考え、産学官や国際社会との共同プロジェクトなどを通して実践的に学びます。将来の進路に向け、3つのスタジオと2つのTL(テクニカルラーニング)クラスに分かれ、個人の目標を高めます。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 1年次

    色彩、形態、テクスチュアなど基本的な造形要素について学び、繊維素材の扱いとテキスタイルデザインの基礎を身につけます。また、コンピュータによるプレゼンテーションの基礎など関連技術を習得します。

  • 2年次

    基礎技術「編む」「織る」「染める」「プリント」などをさらに深めて習得するとともに、目的や機能を踏まえた上で、コンセプトにもとづくデザイン・表現方法・素材・技術を探究し、「創造力」を養います。後期は、各自の関心に応じてテーマ別の専門領域(スタジオ)を体験します。

  • 3年次

    各自の個性と目的に合わせた制作を進めるために、テーマ別の専門領域(スタジオ)を決定し、「デザイン力」と「思考力」をつけ独創的な世界を表現する力を磨きます。

  • 4年次

    各自がテーマを設定し、計画を立てた上で表現方法・素材・技術を選択し、卒業制作に取り組み、学内外に発表し社会での活動につなげます。

3つのスタジオと2つのテクニカルラーニングの特色

スタジオ1:空間に関わるテキスタイルデザインとその展開

「空間」に関わるテキスタイルに取り組みます。住宅・公共施設・車両内装など様々な空間におけるテキスタイルの役割について学び、それらに即応したテキスタイルを制作します。それぞれの空間について文化的考察を深める事によりデザイン性を高め、インテリアテキスタイルの特性を活かした製品制作などの分野で活躍するデザイナーを目指します。

スタジオ2:身体に関わるテキスタイルデザインとその展開

「身体」に関わるテキスタイルデザインに取り組みます。主に衣服の目的・機能と装飾に着目し、素材研究・布づくりを通して衣服のデザインや身体と関わりのある製品のデザインを学びます。縫製技術やパターンメーキングの基礎を学びながら、アパレル・舞台衣装・プロダクトなどの分野で活躍するテキスタイルを専門とするデザイナーを目指します。

スタジオ3:テキスタイルの造形表現についての研究とその展開

「表現」としてのテキスタイルに取り組みます。豊かな感性と創造力に基づく芸術表現を実現するために、構想と素材・技術の関係を学びながら作品制作します。制作者としての世界観、個人の表現手法を形成するとともに、世界の染織文化や現代芸術へ考察を深めて造形表現に反映させ、アーティスト・テキスタイルクリエーター・染織作家などを目指します。

テクニカルラーニング1(TL1)

織の技法とその知識を学び、繊維素材と織技法による技術修得に取り組みます。日本の伝統的な技法である絣や絡みなどの織物の歴史や文化を学ぶと共に技法を習得し、その技法からさまざまな表現方法を応用して制作を行います。手織欧機の多綜絖の扱い方と、織物のコンピューターソフトの組織入力を修得して、多綜絖による布構造の制作を行います。また、コンピューター手織ドビー機やコンピュータージャガード機の構造と紋織組織の知識を深めながら制作します。幅広く織技術やデジタル技術を学ぶことにより創造力を養い、織技法を用いた新たなテキスタイル作品の制作に繋げます。

テクニカルラーニング2(TL2)

布を織ったり染めたりする事は世界各地で古くから行われ、それぞれに相応しい美が求められてきました。日本では染色の基本的な技法として三纈(蝋纈、夾纈、纐纈)が培われ、固有の染色文化が生まれてきました。TL2では1、2年に引き続き一枚の布から表現出来る可能性を探るための基礎と応用を学びます。伝統技法の応用として滲み染、友禅染、型染、注染等の防染技法や布を変容するための特殊加工や加飾技法、またデジタルとの組み合わせなど、さまざまな技法を修得することにより創造力を養い、デザイン力を身につけて染技法を用いた新たなテキスタイル作品を生み出すことを目標とします。