教育課程実施方針(カリキュラム・ポリシー)

カリキュラム・ポリシーとは、教育課程の編成方針のことを言います。
ディプロマ・ポリシーで定めた学修内容を習得するためのカリキュラムを体系的に示したものです。

美術学部

国際社会に対応する幅広い教養を身に付けた人格の形成を図り、現代社会に貢献する優れた芸術家、デザイナー並びに教育研究者等の育成を目的として、教育研究の内容の充実と高度化を図っている。

美術大学の性格上、来るべき社会に対応する専門的な技能の修得と訓練に重きを置いている。しかし、芸術の創作は、人間を忘れ学理を離れた、単なる職能人にとどまることによっては達成されないものである。教育理念として懇切な実技指導に加えて、次の2つの特徴が挙げられる。

第一に、学理の尊重は創立以来の本学の伝統である。専門教育ならびに教養・総合教育の両者ともに、広い基礎的教養を育成し、学理を中心とした専門教育の推進に努めている。

第二に、人間の主体性の確立と創造性の開発は、美術教育に不可欠の条件として特に重視している。教養・学理・実技にわたる教育は、同時に豊かな心情と自由な創意と批判的な精神に貫かれた、芸術的個性の形成を目指している。

以上の教育目標実現のため、少人数教育を採っている。カリキュラムは特にゼミナールを強化して、人間的接触による指導を徹底している。また、課題解決型のPBL(Project Based Learning)科目により、自ら思考し、具体化する技能を身に付けることを何よりも重視している。

学科イメージ

絵画学科日本画専攻

教育課程の編成
1・2年次の基礎課程では日本画の素材や用具の基礎知識を学び、デッサン、模写などの課題を通して基礎技法を修得する。また、伝統の技法を現代の新たな技法へと展開する表現力も鍛えていく。3・4年次の専門課程では、主体的にテーマを選び、教員との徹底的な対話の中から、独自の表現方法を探求し、創造力を高めていく。
教育内容・方法
  • 1年次は、岩絵具、顔料、膠、胡粉など日本画ならではの伝統素材を中心に、その知識、技法、用具の使い方などを修得する。また、人物、植物、風景などをテーマとして数多くのデッサンを行い、観察力、描写力、表現力、構成力を鍛える。
  • 2年次は、表具、絵具、模写などの実習を通して、引き続き日本画の素材や用具を使いこなす専門的な力を伸ばすとともに、自由で個性的な独自の世界を創造するための表現力も磨いていく。
  • 3年次は、課題を自らが設定し制作することによって、日本画についての専門性を更に深め、独自の創作スタイルにも挑戦する。また、学生自らが中心となって研修旅行などを企画・実施し、日本画材料や伝統文化への理解を深める。
  • 4年次は、4年間の集大成として、独自の個性豊かな作風を追究した卒業制作に取り組む。

学科イメージ

絵画学科油画専攻

教育課程の編成
4年間を通じて、自由な創作活動を支える根源的な力を修得するために、表現対象に対する観察力、描写力を実技で鍛えると同時に、光・色彩・質感など造形の基本についても深く学ぶ。また1年次からグループ制を採用し、グループごとに複数の異なる課題に取り組みながら、独自の作風を探求していく。更に、課題提出ごとに開催される批評会によって、自らの内なる思いを表現様式や言葉で他者に伝えるプレゼンテーション力も磨く。
教育内容・方法
  • 1年次は、課題制作を通して、観察力、描写力など表現者としての技法の基本を身につける。「技法講座」では、テンペラ、版画(銅版、シルクスクリーン)、映像、樹脂、陶芸、和紙、パフォーマンスから1つを選択し、理論に裏づけされた表現力を基礎から固めていく。
  • 2年次は、引き続き、表現者としての技法を磨くとともに、批評会での議論や教員との対話を重ねながら、自らの表現を外からの視点で見つめ直し、求める方向性を次第に明確にしていく。
  • 3年次は、教員の指導方法や自らのめざす表現をふまえて最終的にグループを選択し、卒業まで同じグループに所属する。担当教員とのきめ細かな話し合いに基づいて個別にカリキュラムを設計し、「自己表現とは何か」をより深く追究しながら、制作に取り組んでいく。更に、毎年グループごとに学内ギャラリーで複数回開催される展覧会に出展し、広く社会に向けて作品を発表する力を養う。
  • 4年次は、4年間の集大成として、卒業制作に取り組む。制作は各グループの担当教員が指導するが、他のグループの教員も求めに応じてアドバイスを行う。こうした多角的な視点からの指導を受けながら、作品の完成度を高めていく。

学科イメージ

絵画学科版画専攻

教育課程の編成
1・2年次の基礎課程は、版の構造を理解した上で基本的な技法を修得することに主眼を置き、版についての科学的知識やシステムに基づく発想力を学ぶと同時に、課題作成を通じて基礎的な技術を徹底的に身につける。3・4年次の専門課程では、各自の選択した版種によって、高度な専門知識や技法を修得しながら、独自の表現を展開していく。
教育内容・方法
  • 1年次は、3つの版種(木版、銅版、リトグラフ)の違いを理解し、多様な表現形態の基礎的な技法を習得する。3つのグループに分かれ、全員が木版、銅版、リトグラフを経験するほか、シルクスクリーン、ドローイング、デッサン、コラージュ、立体造形、紙の修復などについて演習や特別講義を通して学ぶ。
  • 2年次は、自分の関心に基づいて、3つの版種から1つを選択し、課題制作を通して専門的な技法を修得していく。また2~3年次には、コンピュータを利用したモーショングラフィックスなどの演習で多様な表現手法を学ぶ。
  • 3年次は、担当教員との個別の話し合いに基づき、各自で1年間のカリキュラムを設計し、目標とするテーマに向かって制作に取り組む。また、版画表現の多様性、国際性という観点から、アーティストとして必要な素養についても学ぶ。
  • 4年次は、1年間かけて卒業制作に取り組む。同時に、作品の発表のために自ら展覧会を企画・運営し、将来の創作活動に向けて経験を積んでいく。

学科イメージ

彫刻学科

教育課程の編成
彫刻を学ぶことは、極論すればすべてを学ぶことといえる。身の回りにある素材すべてが材料となる。それらの素材を加工し形にしていくには技術が必要である。そして、その技術には人類の記憶が含まれているのである。「物質との出会い」を機に、いかに自己のイメージを喚起し、拡張しうるかを初源的な関わりから見つめていく。1・2年次の基礎課程では、石、金属、木、土、FRPなど、様々な素材を用いて、物質と形態、そして自己との関係を体験しながら、「ものの視方」を養い「物質と形」についての理解を深める。3・4年次の専門課程では、基礎課程の体験を軸に彫刻概念の拡張と可能性を前提としながら、課題ごとに素材と専門工房を自由に選択し制作する。また、様々なゼミやレクチャー、教員との対話を通して表現を探る。
教育内容・方法
  • 1年次は、物質を媒体としながら「見ること」と「イメージする」ことの体験を重ね、造形的思考の構造や展開を理解し、物質・形態・自己の関係項の認識を目的とする。
  • 2年次は、人体塑造などの基礎的造形課題のほかに、自己の思考やイメージの展開に応じて素材や表現方法、展示空間を自由に選択し、空間認識を深める課題や、鋳造やテラコッタ実習など多様な表現技法を学びながら、自己表現の基礎を探る。
  • 3年次は、拡張を続ける表現領域において、彫刻概念の位置や影響または崩壊など、様々な角度からの検証(絵画性や工芸性、社会性など)しながら、彫刻の可能性を追求する。課題ごとに、各自が作成した実習計画を基に、表現に応じた素材や実習室を自由に選択しながら、制作する。
  • 4年次は、卒業制作では4年間の集大成として、様々な表現、素材に対応した工房群をいかに駆使しながら、イメージを実現できるかにかかってくる。多くの教員とのディスカッションや、講評などを通して自己の問題を明確化しながら、表現者としての自覚の基に彫刻の専門性と可能性の追求を目的とする。

学科イメージ

工芸学科

教育課程の編成
1・2年次の基礎課程のうち、1年次は、陶、ガラス、金属の基礎的な素材の扱いと制作の基本プロセスを学び、造形力を養う。2年次からは三つのプログラムの一つを選択し、加工技術、道具の使い方、機械の操作方法などの基礎を修得する。3・4年次の専門課程では、より高度な技術を修得しながら、自由な発想による造形力や表現力を磨いていく。
教育内容・方法
  • 1年次は、陶、ガラス、金属の3つのプログラムをすべて体験し、課題制作を通して基本的な知識と技法を修得する。
  • 2年次は、陶、ガラス、金属の3つのプログラムのいずれかを選択し、基礎を固めながら、自らの関心に応じたテーマの発見をめざす。3つのプログラムの学ぶ内容は異なるが、いずれも2年次を一番重要な時期と位置づけ、多くの課題に取り組む。
  • 3年次は、各素材の専門的な加工技術や技法を修得しながら、自らのテーマを更に専門的に深め、個性的な表現を目指していく。同時に、作品を社会に向けて発信した際、理解と共感を得られるようにプレゼンテーションする力も鍛える。
  • 4年次は、自らのテーマに基づいて制作理論と実技の統合をめざすとともに、4年間の集大成として、卒業制作に取り組む。

各プログラムの特色について、陶プログラムは、従来の陶芸の枠を更に掘り下げた観点から「陶でつくる力」「陶で表現する力」を鍛えていく。ガラスプログラムは、小型溶鉱炉の発達により、個人でも扱えるようになったガラスは、新たな造形の可能性を広げる素材である。ガラスの多様な特性や質感を活かし、新しい発想で表現する力を鍛える。金属プログラムは、金属はその特性から、正確かつ自由な造形が可能である。その特性と基本的な加工技術を理解した上で、日本独自の伝統技法や表面処理法も学ぶ。また、鍛金、彫金、自由制作通して、金属を自在に加工し表現する力を鍛える。

学科イメージ

グラフィックデザイン学科

教育課程の編成
1・2年次の基礎課程では、ビジュアルコミュニケーションデザインの基盤となる造形力を養う。描写力による「伝える力」と、色彩・形態・素材・構成の造形力による「伝わる力」を「手」による技術で培うとともに、写真やコンピュータなど、「機械」での造形技術を学ぶ。3・4年次の専門課程では、体系的に組み立てられたコース制のカリキュラムから高い専門性を養う。「広告コース」、「伝達コース」、「表現コース」の三つの専門領域コースから各自が1コースを選択する。将来の進路を見据え、選択コース以外の専門教育科目も組み合わせて履修することができる。
教育内容・方法
  • 1年次は、ビジュアルコミュニケーションの基礎となる、高度で幅のある造形力、構成力、表現力を修得する。「基礎造形I」では描写、「基礎造形II」では造形要素である色彩・形態・素材・構成、タイポグラフィの基礎を修得すると共に、コンピュータの基礎実習を行う。「English in Graphic Design」では専門分野の英語を学ぶ。
  • 2年次は、ビジュアルコミュニケーションの基礎として、多様な手法と技術を修得する。「基礎デザインI」では、1年次に続き描写による造形力を、「基礎デザインII」では、情報を構造化し効果的に伝えるための手法として、情報構成、ダイアグラム、ムーブメント、Web、発想法、タイポグラフィなどを学ぶと共に、写真、印刷などのデジタル技術を修得する。「English in Graphic Design」で専門分野の英語学習を継続する。
  • 3年次は、ビジュアルコミュニケーションの高度な専門知識、計画立案力、表現技能を学ぶ。三つのコース(広告・伝達・表現)からひとつを選択し、さらに選択したコース以外の専門科目を組み合せることで、各自の個性を生かした専門性を確立する。
  • 4年次は、3年次に選択した各専門領域コースを軸として学び、4年間の集大成である卒業制作を行う。

3年次からの専門課程の各コース特色は、次のとおりである。「広告コース」は、広告理論と多様な表現や技術を修得する。広告を総合的に捉える広告計画やアートディレクション、CMの企画、新聞、雑誌、ポスター、パッケージ、Webの広告表現デザインを学ぶ。「伝達コース」は、視覚表現の様々な領域の理論と技術を修得する。グラフィックデザイン、VI計画、タイポグラフィ、エディトリアルデザインなどを学ぶ。「表現コース」は、情報伝達のための重要な表現手段を修得する。コンセプチュアル・立体・キャラクターイラストレーション、広告写真、アニメーションデザインなどを学ぶ。

学科イメージ

生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻

教育課程の編成
大学でのデザイン教育は、学んだ学生たちが社会に出るまで、最短でも5年後の社会を見据えた人材育成を行う必要がある。デザインにおける今の社会ニーズに応えながらも、今後の変化を見据えて、「どういうデザイナーをめざすのか」ターゲット像から三つのスタジオ(STUDIO 1/STUDIO 2/STUDIO 3)を設け、様々な方向に伸びていく学生たちの個性を、総合的にサポートしていく指導体制をつくっている。
教育内容・方法
  • 1年次は、基礎的な表現技法を修得しながら、「自分を知る・自分を表現する」をテーマに、実技中心のカリキュラムを導入している。短期集中型でレベル向上をはかるため、原則的に2週間で1つの課題を制作し、プレゼンテーションを通して他者に制作の意図を伝える力も鍛えていく。
  • 2年次より、学生たち個々の関心に応じて、方向性の異なる3つのスタジオに分かれて学んでいく。自分中心の視点から、客観性を踏まえた視点へと、意識を拡げていくトレーニングを行う。モノを企画する段から始めるプログラムを積極的に組み、提案を通して人に何かを伝えることを意識して、デザインに取り組んでいく。
  • 3年次は、自ら問題点、テーマを見つけ出し、ストーリーを組み上げていく思考力、展開したアイデアを視覚化、かたちにする表現力、それらを結びつける実践的なトレーニングを、産官学共同研究をはじめとするプログラムの中で行っていく。デザイン力と同時に、プロジェクト遂行能力、プレゼンテーション能力など、社会に適応していく力を身につけていく。また、就職への準備として、作品集(ポートフォリオ)制作にも着手する。
  • 4年次は、前期制作「Deepen」で、技術研究、形態研究、人の心理の研究など様々な観点から、研究に取り組み、物事に対して深く考察を重ねる。研究の結果もたらされたオリジナルなアプローチを基に、4年間の集大成として卒業制作に取り組む。そして、その成果を卒業制作展などを通じて、広く社会に発信していく。

3つのスタジオの特色は、次のとおりである。 まず、「STUDIO1」は、自動車、家電、住宅設備など、産業の中心を担う企業で活躍するデザイナーの育成を目指している。入社する段階から高いデザインスキルを求める企業ニーズに応えるため、スケッチでのアイデア展開力、美しさを見抜く審美眼、魅力的な造形をつくる表現力、リサーチに基づくシナリオ構築力などを、産官学共同研究、企業のデザイナーと関わるワークショップなどの実践重視型のカリキュラムで培っていく。「STUDIO2」は、家具、バッグ、食器、アクセサリー、パッケージなどの生活まわりの多様なプロダクトのデザイン、または商品企画のようなモノのデザインに付帯する職種までの幅広いフィールドの人材の育成を目指している。多様な分野を志向する学生が集まるので、めざす進路に合わせ、必要な知識や技術を段階的に修得できるように、課題でサポートしている。「STUDIO3」は、既成観念に捉われず物事を捉え直し、分野を横断した新たな発想のデザインができる人材や研究者の育成を目指している。リサーチ能力、表現力、洞察力、行動力を磨くために、学生自身による計画、課題遂行、提案など、ゼロから創造力を生み出す教育プログラムを積極的に組み込んでいる。

学科イメージ

生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻

教育課程の編成
素材の成り立ちとその扱い、技術・造形表現の修得を土台に、布の物理的な機能や文様の装飾的な役割、色彩の力などに注目し、手わざによる染織技法の修得からデジタルテクノロジーを駆使した表現まで実践する。同時に社会におけるさまざまな視点からテキスタイルの役割を考え、産学官や国際社会との共同プロジェクトを通して実践的な学習を行う。環境問題や持続可能な社会に対する認識を深めながら、未来を考え創造する力を養う。国際社会の即戦力となるような豊かな感性と思考力を備えた人材育成のため、実践的な英語教育・交換留学・国際交流プロジェクトなどに取り組んでいく。また、将来の進路にむけて3つのスタジオ(「空間に関わるテキスタイルデザイン」「身体に関わるテキスタイルデザイン」「テキスタイルの造形表現」)と2つのテクニカルラーニングのクラスにわかれ、学生個人の目標を高めていく。
教育内容・方法
  • 1年次は、色彩、形態、テクスチュアなど基本的な造形要素について学び、繊維素材の扱いとテキスタイルデザインの基礎を身につける。また、コンピュータによるプレゼンテーションの基礎など関連技術を習得する。
  • 2年次は、基礎技術「編む」「織る」「染める」「プリント」などを更に深めて習得するとともに、目的や機能を踏まえた上で、コンセプトにもとづくデザイン・表現方法・素材・技術を探究し、「創造力」を養う。後期は、各自の関心に応じてテーマ別の専門領域(スタジオ)を体験する。
  • 3年次は、各自の個性と目的に合わせた制作を進めるために、テーマ別の専門領域(スタジオ)を決定し、「デザイン力」と「思考力」をつけ独創的な世界を表現する力を磨く。
  • 4年次は、各自がテーマを設定し、計画を立てた上で表現方法・素材・技術を選択し、卒業制作に取り組み、学内外に発表し社会での活動につなげる。

3つのスタジオと2つのテクニカルラーニングの特色は、次のとおりである。「スタジオ1」は、「空間」に関わるテキスタイルに取り組む。住宅・公共施設・車両内装など様々な空間におけるテキスタイルの役割について学び、それらに即応したテキスタイルを制作する。それぞれの空間について文化的考察を深める事によりデザイン性を高め、インテリアテキスタイル、その特性を活かした製品制作などの分野で活躍するデザイナーを目指す。「スタジオ2」は、「身体」に関わるテキスタイルに取り組む。衣服の目的・機能と装飾に着目し、素材研究・布づくりから身体と衣服の関係を学びながら制作する。世界の服飾文化について考察を深め、縫製技術やパターンメーキングの基礎も学びながら、アパレル・舞台衣装・着物などの分野で活躍するテキスタイルデザイナーを目指す。「スタジオ3」は、「表現」としてのテキスタイルに取り組む。豊かな感性と創造力に基づく芸術表現を実現するために、構想と素材・技術の関係を学びながら作品制作する。制作者としての世界観、個人の表現手法を形成するとともに、世界の染織文化や現代芸術へ考察を深めて造形表現に反映させ、アーティスト・テキスタイルクリエーター・染織作家などを目指す。
「テクニカルラーニング1(TL1)」は、織の技法とその知識を学び、繊維素材と織技法による技術修得に取り組む。日本の伝統的な技法である絣や絡みなどの織物の歴史や文化を学ぶと共に技法を習得し、その技法からさまざまな表現方法を応用して制作を行う。手織欧機の多綜絖の扱い方と、織物のコンピューターソフトの組織入力を修得して、多綜絖による布構造の制作を行う。また、コンピューター手織ドビー機やコンピュータージャガード機の構造と紋織組織の知識を深めながら制作する。幅広く織技術やデジタル技術を学ぶことにより創造力を養い、織技法を用いた新たなテキスタイル作品の制作に繋げる。「テクニカルラーニング2(TL2)」は、布を織ったり染めたりする事は世界各地で古くから行われ、それぞれに相応しい美が求められてきた。日本では染色の基本的な技法として三纈(蝋纈、夾纈、纐纈)が培われ、固有の染色文化が生まれてきた。TL2では1、2年に引き続き一枚の布から表現出来る可能性を探るための基礎と応用を学ぶ。伝統技法の応用として滲み染、友禅染、型染、注染等の防染技法や布を変容するための特殊加工や加飾技法、またデジタルとの組み合わせなど、さまざまな技法を修得することにより創造力を養い、デザイン力を身につけて染技法を用いた新たなテキスタイル作品を生み出すことを目標とする。

学科イメージ

環境デザイン学科

教育課程の編成
1年次は、インテリア、建築、ランドスケープ全般について、手によるデザインとコンピュータを使ったデザインの両面から、実技を身につけるようにする。2年次からは三つのコースのいずれかを選択し、より深い専門的な内容を学ぶ。また、建築士や造園施工管理技士などの国家資格取得のためのカリキュラムも整備している。
教育内容・方法
  • 1年次は、現場主義・実寸主義重点を置き、手書きスケッチとコンピュータによる図面作成の両面から「手で考える」姿勢を身につけていく。更に、環境デザインに不可欠な光や構造について学ぶと同時に、金属、石、アクリル、などの素材の特性も学ぶ。
  • 2年次は、各自の関心と適性に応じて、インテリア、建築、ランドスケープの3つのコースのいずれかを選択し、少人数制のもとで専門性の高い内容を学ぶ。ただし、幅広い視野の教育も重視し、他コースの課題も選択できる柔軟なカリキュラム体系を採用している。
  • 3年次は、PBL(Project Based Learning)や産学共同研究にも積極的に取り組み、デザイン力と同時に、プロジェクト遂行能力などのトレーニングも行う。
  • 4年次は、4年間の集大成として、卒業論文または卒業制作に取り組む。

「インテリアデザイン」「建築デザイン」「ランドスケープデザイン」の3つのコースの特色は、次のとおりである。インテリアデザインコースは、家具、空間演出、室内環境など幅広いテーマについて、デザイン実習室、工作工房、CAD室を活用しながら、理論と技術の双方を学ぶ。建築デザインコースは、住宅設計、店舗、ギャラリー、公共建築などの計画を通じて、素材、構造、色彩、照明などのハード面と、使い方、機能などのソフト面との両面を学ぶ。ランドスケープデザインコースは、個々の住宅、集合住宅、インテリアを包括する最も広いスケールの空間構成・演出の理論や技術について、フィールドワークや実測、演習を学ぶ。

学科イメージ

情報デザイン学科

教育課程の編成
受験出願時に「メディア芸術コース」と「情報デザインコース」の二つのコースのいずれかを選択する。いずれのコースも、少人数制の制作実習やワークショップを主体に、情報デザイン学科独自の専門教育科目を配置し、理論と実技の両面から、既存の枠組みを超えるダイナミックな教育を行っている。

メディア芸術コース

メディア・アート、CG、サウンド・アート、写真、映像、アニメーションに加え、コミュニティ・アートなども網羅しており、エンターテインメントから先端的技術を使ったアートまで幅広い分野を対象にしている。カリキュラムは入門、演習、応用、総合の4段階で構成されている。基礎課程では「映像基礎」「インタラクション」「映像音響」「クラフト」の四つの基礎的な課題演習を通じて、メディア芸術作品の制作に不可欠な知識や技法を修得する。専門課程では理論を深めると同時に、実技主体のワークショップやフィールドワークなどを通じて各自の表現を追究していく。

情報デザインコース

情報と関わり合う人々の活動と経験をデザインする「経験デザイン」、人と社会の関係をデザインの力でよりよくつなぐ「社会デザイン」、メディアを介したコミュニケーションを創造する「メディアデザイン」の三つの分野を学ぶ。基礎課程では、情報デザインにおける造形や情報分野のデザイナーに不可欠とされるプログラミングをはじめ、インフォグラフィックスやウェブデザイン、映像、電子工作なども学ぶことができる。専門課程では自分の興味と将来を見据えながら領域横断的な学習を組み立てることができる。専門性を深めるにとどまらず、多彩な知識と技術を身につけ、時代を先導するクリエイションを学ぶ。

教育内容・方法

メディア芸術コース

  • 1年次は、制作の基礎となる知識や技法を学ぶ。また、実際に手で制作する課題演習「インタラクション」や「デジタルクラフト」にも力を入れている。
  • 2年次は、4つの演習課題を通じて、技法を修得すると同時に、プランニングやフィールドワークの基本的な手法についても学ぶ。制作する課題が多様なため、クォーター制を採用しており、7.5週間で演習を完結させていく。
  • 3年次は、個別に設定する半期単位のテーマ演習によって、それまでの課題を発展させていく。また2年次から開始される専門講義科目の履修と連動しながら、理論に裏打ちされた作品を制作し、独自の表現を追究していく。
  • 4年次は、4年間の集大成として、教員と個別に対話しながら卒業研究制作に取り組む。前期に作品を完成させ、後期は展覧会や公開講評会を通じて、作品を社会的に発展させるプロセスを修得する。

情報デザインコース

  • 1年次は、情報デザインの基礎となる知識や技術を学び、すべての基本としてインタラクションの概念を把握する。
  • 2年次は、3つの専門領域が提供する基礎演習科目から、自らの関心やめざす進路に適したものを選択履修する。
  • 3年次は、専門領域を選択し、より高度な知識や技術を修得していく。カリキュラム内容はそれぞれの専門領域が独自に設定している。また2・3年次では、メディア芸術コースと共同で設けている24の専門講義科目から選択履修し、幅広い知識を身につける。
  • 4年次は、4年間の集大成として、教員と個別に対話しながら卒業研究制作に取り組む。作品発表、展覧会の企画・運営、カタログ制作などを通じて、作品を社会的に発展させるプロセスを修得する。

学科イメージ

芸術学科

教育課程の編成
「つくる」「考える」「伝える」をカリキュラムの骨子として、まず実技を通して表現技法や素材への関心や認識を深め、また、美術・デザイン史、芸術学などの講義により、美術や芸術の多種多様な表現がどのように考えられているかを理論的・実践的に学ぶ。さらに、展覧会や多様なメディアによる企画制作を通して、美術・芸術を社会に発信していくために必要なスキルを身につける。1・2年次の基礎課程では、必修科目の芸術基礎を通して美術制作やエディトリアル・デザインを学びつつ、今日の美術・芸術の基礎理論に触れる。3・4年次の専門課程では、実践的ゼミを中心に専門性を深めると同時に、社会に発信するプロデューサーとしての企画力、コーディネート力なども養う。学芸員資格と同時に美術の教員資格取得も可能である。
教育内容・方法
  • 1年次は、理論と実作をより深く結びつけた「芸術基礎・制作」「芸術基礎・ことば」を通して、美術・デザイン・言語表現の基礎を学び、同時に、幅広く美術・芸術の歴史や現在に触れ、またそれらの研究方法や現場にも触れる。各界で活躍する芸術文化の担い手がリレー形式で講演する「21世紀文化論」や芸術学科独自の学芸員資格科目などを通じて、各自の関心を深めていく。
  • 2年次は、引き続き、「基幹科目」や「21世紀文化論」、英語で芸術を学ぶ「芸術学英語」などの科目を通じて芸術についての理解を深めると同時に、実技講座(美術、映像、写真など)で実際の制作活動を行ない、基本的な造形力を修得する。
  • 3年次は、各自の関心やめざす方向に基づいてゼミを選択し、予算管理も含めて実際の展覧会の企画・展示、出版活動等を経験しながら、専門的な知識と実践的な力を修得する。
  • 4年次は、ゼミの活動を継続しながら、自らの関心に基づき卒業論文をまとめる。

学科イメージ

統合デザイン学科

教育課程の編成
1・2年次の基礎課程では、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、インターフェイスデザインといった3つの分野についての基礎を学ぶ。描写、色彩・形態・素材・構成といった造形演習から、情報の概念、タイポグラフィ、ダイアグラム、写真、造形技法、WEB、インタラクションなど、アイデアを具体化するさまざまなスキルを修得する。3・4年次の専門課程では、すべての領域をつながったひとつのデザインと捉え、各教員が設定する社会に即した「プロジェクト」を通じて、統合的なデザインを実践的に学ぶ。
教育内容・方法
  • 1年次は、着想を具体化するために必要な基礎技術を修得する。「デザインベーシック(描写)Ⅰ」では、形や色の感覚、空間意識を養うとともに、描写による表現力を身につける。「デザインベーシック(表現)Ⅰ」では、造形要素や造形秩序の捉え方、情報の概念について演習を通して学ぶ。
  • 2年次は、着想をいかに具体化するかを修得する。「デザインベーシック(描写)Ⅱ」では、1年次で学んだことを土台として、立体表現による造形力を身につける。「デザインベーシック(表現)Ⅱ」では、デザインとして扱うあらゆる表現メディアや物体、環境、あるいはその組み合わせから相応しい表現を行うために必要な技術を学びながら、具体化のプロセスを理解する。
  • 3年次は、社会的な問題や生活から導きだされる焦点(Issue)から解決策や調和を生み出す仕組みを構築する。そこに必要なモノ、環境、コミュニケーションなどが統合された全体をデザインすることを「プロジェクト」と呼び、担当教員ごとにゼミ形式で行う授業をと通じて遂行する。さらに幾つかの科目から自由に組合せを選択できる「デザイン演習」を通じて専門性を深めていく。
  • 4年次は、3年次に引き続き「プロジェクト」「デザイン演習」を行い、4年間の集大成となる卒業制作に取り組む。

学科イメージ

演劇舞踊デザイン学科

教育課程の編成

演劇舞踊コース

1・2年次の基礎課程では、演劇と舞踊のさまざまなメソッドを横断的に学び、基礎的な身体表現のスキルを修得する。また、身体表現と有機的に結びつく美大ならではの造形教育のカリキュラムによって、身体で表現するための発想力を高める。3・4 年次の専門課程では、演劇と舞踊のどちらかを選択し、実演者としての覚悟と豊かな表現力を身につける。「上演制作実習」では、劇場美術デザインコースと連携して実践的な上演演習を行う。

劇場美術デザインコース

1・2年次では、描写や色彩構成などの基礎的な造形力と、劇場美術・映像美術・照明・音響・衣裳などの空間デザインに必要な基礎スキルを修得する。また、舞台やドラマなどの制作現場の見学を通して、実践的な理解と体感を高める。3・4年次には、ゼミ形式で舞台美術・映像美術・照明・衣裳を中心に総合的な劇場美術デザイン演習を行い、また「上演制作実習」では、演劇舞踊コースと連携して実践的な上演演習を行う。

教育内容・方法

演劇舞踊コース

  • 1年次は、身体にまつわる基礎的な表現を開発します。演劇と舞踊のさまざまなメソッドを学びながら、個人のなかに潜在している表現を探っていく。徹底して自己と向き合うことで「なぜ自分は演劇や舞踊を志すのか」という深い動機を形成していく。
  • 2年次は、1年次に形成した表現の動機を踏まえ、「演劇」はテキストを使用した短めの場面の制作、「舞踊」ではショートプログラムの制作など、さまざまな形で表現を具体化し、個々のクオリティーを検証していく。
  • 3年次は、「演劇」と「舞踊」に分化し、それぞれが専門的に学ぶ。ここで、1・2年次で模索した表現の動機の重要さが明らかになり、「演劇」と「舞踊」の選択に至った確かな根拠を前提とした、よりレベルの高い身体表現演習が行われる。また「上演制作実習」というかたちで劇場美術デザインコースとのコラボレーションによる発表もあり、本格的な実践への第一歩となる。
  • 4年次は、3年次における「演劇表現演習」「舞踊表現演習」を踏まえて、さらにパフォーマーとしてレベルの高い表現を修得する。「上演制作実習」では、3年次の段階を越え、作品としてのクオリティーを追求する。卒業制作は劇場美術デザインコースとの合同で、成果を学外に問い得る公演をめざす。

劇場美術デザインコース

  • 1年次は、デザインするために必要な、基礎演習・技術演習・理論演習によってカリキュラムを構成している。観劇とバックステージツアー、制作現場とスタジオ機構見学など、学外授業の充実により現場の臨場感を体感する。
  • 2年次は、劇場美術・映像美術・照明・衣裳スタッフワークの専門的な知識とスキルを総合的に修得する。講義やワークショップのほか、デザインプロセスに沿って課題制作を行い、発想・創造の具現化を演習する。
  • 3年次は、各専門分野において能力を高め、応用力を身につける。企画・提案を行い、ブレインストーミングを重ね、作品発表を行う。「上演制作演習」では、演劇舞踊コースと連携して実践的な上演実習を行う。
  • 4年次は、「上演制作演習」や体験型授業の積み重ねにより、プロフェッショナルな表現方法を修得する。卒業制作は演劇舞踊コースとの合同で、すべての制作スタッフを学生が担当し、成果を学外に問い得る公演をめざす。

大学院美術研究科博士前期課程(修士課程)

美術研究科博士前期課程(修士課程)絵画専攻は、日本画、油画、版画の3つの研究領域を設けている。日本画は新しい自由な創造を目指し、独自の技法と思考による創作研究を、油画は美の創造を目指した個性的で自由闊達な造形活動を、版画は多角的な視覚と思考による創造を目標としている。

彫刻専攻では、学生個々の表現領域に対応し担当教員全員によって、専門性の高い個別指導を行う。また理論系教員の指導も交え、高度な造形理論の確立と表現者としての自立を目指す。さらに本専攻には海外からの留学生も多く、国際交流の場としても機能している。

工芸専攻は、「手と実材でモノを作る」を工芸の基本と考える。この営みは手仕事で支えた社会から高度工業社会への展開に伴い、器、伝統工芸、オブジェ等と力点を移して来た。今や情報社会。モノでなく電磁波で表現やコミュニケートをはかる文明である。その文明にあって糖、ガラス、金属に何が可能か、探って作る美術家、指導者などを育成する。

デザイン専攻は、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、テキスタイルデザイン、環境デザイン、情報デザイン、コミュニケーションデザインの研究領域を設けている。院生の自主的な計画や、社会のニーズに柔軟に対応し、常に研究領域の拡大を続けている。

芸術学専攻では、美術史から人類学・民俗学まで、キュレイトリアルから批評・思想まで、さまざまな表現に対応する本格的な講座と多彩な指導教員を置いている。こうして、他の大学にないアクチュアルな研究者や批評家や学芸員を送り出している。身体表現の領域は、舞台と映画の創作に共通する演技や演出の方法および技法研究を中心に、劇作・シナリオ・ダンス、美術演出またパフォーマンスなどの創作・実作を主体とする研究領域である。

大学院美術研究科博士後期課程

美術研究科博士後期課程は、幅広い視野と見識を備えた芸術家や芸術理論家を目指すことができるように構成されている。

博士前期課程(修士課程)が絵画・彫刻・工芸・デザイン・芸術学の5専攻に細分化されているのに対して、博士後期課程は美術専攻という一つの領域に統合されている。これは近年の美術やデザインの状況が、従来の専門分野における区分の枠を超えつつあることに対応するためのものである。

博士後期課程では、美術創作研究と美術理論研究の総合化を図っている。美術創作研究は作品の制作・実技に関する研究であり、美術理論研究は、美術の理論や歴史に関する研究である。この両者を有機的に結びつけること、具体的には「作る」「知る」「考える」「語る」「書く」を総合的に身につけることにより、より高いレヴェルへの移行が可能になると考えている。

博士号に値する高度な質と内容を備えた作品の制作と論文の執筆のため、学生の研究テーマに即して担当教員を決め、創作系教員と理論系教員が連携しながら指導にあたる。さらには博士後期課程指導教員全員による総合研究指導によって、創作と理論の双方にわたる総合的な視野を涵養する。