学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

評価の観点

ディプロマ・ポリシーとは、学位授与の方針のことを言います。卒業(修了)までの学びのロードマップとして、このディプロマ・ポリシーを位置づけます。

課程名 授与学位
美術学部
大学院
美術研究科
博士前期
課程
博士後期
課程

美術学部 | 学士(芸術)

専門教育

アーティスト・デザイナー・研究者・教育者として活躍する第一歩と位置付け、次のことを身につけることを求めます。

  • 主体性、自主性を持って、創作・研究に取り組めているか
  • 社会との繋がりを認識し、テーマを広げ、深める能力を身につけているか
  • ものごとを総合的に捕らえ、プランニングと実施を行なうことができたか
  • 自分の言葉でプレゼンテーションし、他者に伝える能力を身につけているか

基礎教育

専門教育への準備と位置付け、次のことを身につけることを求めます。

  • 創作・研究において計画力、実施力、反省力を身につけているか
  • 「ものを見る」基本的な能力を身につけているか
  • 表現力、技術力を充実させ、専門分野への理解を以って、それらを駆使することができたか
  • 専門分野の基本的な歴史と創作・研究プロセスを理解しているか

導入教育

創作・研究の基礎づくりと位置付け、次のことを身につけることを求めます。

  • 創作・研究の根拠、目標や課題を理解し、美術大学で学ぶことに自覚的であるか
  • ものごとを深く洞察し、可能性を探ることに感動や好奇心を持って取り組んだか
  • 理解した目標や課題を具体化する基本的な技能を備えることができたか
  • 素材、用具の基礎知識を身につけているか

大学院美術研究科博士前期課程(修士課程) | 修士(芸術)

学士課程教育を基礎にして、更に創作・研究を深める、専門的職業人の育成期間と位置付け、次のことを身につけることを求めます。

  • 自己のテーマに沿って、創作・研究を理論と実技の両面から探求しているか
  • 自立したアーティスト・デザイナー・研究者・教育者として、高い倫理性を具え、それらに対する責任を意識しているか
  • 社会の一員としての自覚を持ち、幅広い領域のアーティスト・デザイナー・研究者との交流を積極的に行なったか
  • コンクール、個展等の発表などに意欲的に取り組んだか
  • ※上記学修内容を習得し、所定修了単位の取得と卒業制作等・修了論文審査により学位を授与する。

大学院美術研究科博士後期課程美術専攻 | 博士(芸術)

学術研究の指導者・国際的に活躍する専門職業人として、美術研究の深奥を窮める期間と位置付け、次のことを身につけることを求めます。

  • 自己のテーマを確立し、独創的な探求を行なったか
  • 高度な専門性と、専門性に捕われない自由な探究心を両立しているか
  • 美術創作研究と美術理論研究の双方にわたる総合的な視野を備えることができたか
  • 海外、国内等のコンクール、個展、学会等の発表などで高い成果をあげることができたか
  • ※上記学修内容を習得し、所定修了単位の取得と卒業制作等・修了論文審査により学位を授与する。

卒業(修了)要件

卒業(修了)要件(美術学部はPDFファイル)を公開しています。

美術学部

大学院美術研究科

博士前期課程(修士課程)

共通選択科目(選択必修)から12単位(芸術学専攻は8単位)以上+各専攻の専門科目(必修)18単位(芸術学専攻は22単位)=合計30単位以上を修得すること。さらに修士論文・修士作品を提出し、審査に合格すること。

博士後期課程

修了のためには、総合研究指導(必修)6単位+美術創作研究・美術理論研究(選択必修)12単位以上=18単位以上修得し、かつ研究指導を受け博士論文を作成し、審査および試験に合格しなければならない。

成績評価基準

記号 評点 評価基準 合否
学科系科目 実技系科目
S 100~95点 100~95点 学修目標を大幅に上回り他の学生の模範となっている 合格
A 94~80点 94~80点 学修目標を十分達成し、新たな目標設定を行っている
B 79~60点 79~70点 学修目標を十分達成している
C 59~50点 69~60点 学修目標を概ね達成している
D 49点以下 59点以下 学修目標を大幅に下回っている(または欠席により資格がない) 不合格
  • ※評点欄における「学科系科目」は共通教育科目(造形表現学部は基礎教育科目)、「実技系科目」は各学科の専門教育科目をあらわします。オープン科目は他学科においても実技系科目とします。
  • ※「S」は履修者の5%程度とします。

成績評価説明請求制度

制度の趣旨

この目的は、成績評価に疑問を感じる学生が、公式で統一された手続きによる問い合わせを可能にすることによって、成績評価に対する透明性と公平性を高めることです。

成績評価説明請求手続きの流れ
  1. 学生は、成績評価に疑問がある場合には、指定した期日内に「成績評価説明請求願」に必要事項を記入し、教務課または造形表現学部事務部に提出します。
  2. 教務課または造形表現学部事務部から担当教員に連絡がなされます。
  3. その担当教員から原則として、約1週間で文書回答があり、教務課または造形表現学部事務部から学生にその回答があったことが通知されます。
  4. 学生は教務課または造形表現学部事務部窓口で学生証を呈示し回答書を受け取ります。
    ※その回答に納得できない場合、教員と学生との面談で直接説明することもありえます。
  5. 本制度により成績が変更された場合には、学生氏名、授業科目名、教員名、変更理由を教授会で報告します。