「緊急事態宣言」を受けた本学の対応(キャンパス閉鎖)について(5/6更新)

日本政府による「新型コロナウイルスに係る緊急事態宣言」を受け、首都圏におけるオーバーシュートを抑止する社会的責任、および学生・教職員の感染リスクを鑑み、本学は、キャンパスを閉鎖し一切の入構を禁止することといたします。

キャンパス閉鎖期間(延長):
2020年5月31日(日)まで

なお、同期間については窓口業務を停止するとともに、教職員を在宅勤務とします。

お問い合わせのほか、証明書発行等、構内入構禁止期間に許可していた事項(※)につきましても、基本的にお取り扱いいたしません。大変、ご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

新入生・在学生の皆さまは、ご不安のことと存じますが、上記閉鎖期間に関わらず、ホームページ等による発表は行います。適宜、ご確認いただきますようお願いいたします。
また、新型コロナウイルスに罹患した時は、大学までご一報いただきますようお願いいたします。

新入生・在学生の皆さまには健康管理にご留意いただきますとともに、不要不急の外出をされないよう、この場を借りてお願い申し上げます。

※下記の窓口取扱も休止します

  1. 証明書・学割の交付
  2. 就職に係る窓口相談
  3. 奨学金関係手続に係る窓口相談
  4. 在留関係書類の受け取り
    構内入構禁止期間における在留カードの更新について(外国人留学生対象)
  5. 学生相談室の利用
    心の支援(学生相談室のメール利用について)
  6. 図書の貸出返却
    宅配による図書の貸出・電子書籍サービス[LibrariE]を実施しています
  7. 研究室の指示による登校・コンピュータルーム等の使用

関連情報

更新日: 2020年5月6日
掲載日: 2020年4月7日